筋トレにプロテイン摂取の効果はないのか?

筋トレをして筋肉をつけたければ、プロテインを摂取しないと効果はあまりないでしょう。

プロテインは筋肉を作るための重要な成分であり、せっかく筋トレをしてもその筋肉を作るための成分が欠けていては、筋肉を効果的に増やしていくことが難しいのです。

では、どのくらいの量を摂取すれば良いのでしょうか。

筋トレをしない人に必要なプロテインの量は、体重が50キロであれば50グラム、70キロであれば70グラム必要です。プロテインは筋肉だけではなく、様々な細胞が作られるために使われていきます。

それに対して、筋トレの効果をあげたいという人は、そうではない人の倍の量が必要です。つまり、体重が50キロの人であれば100グラム、70キロの人であれば140グラムということです。

では、どのようなタイミングで摂取すると良いのでしょうか。最も効果的なのは、運動後の45分以内です。運動後45以内に筋肉へ送られるアミノ酸の量は3倍にも増えます。

そのため、このタイミングで摂取するのが最も効果的です。筋トレをすると、筋肉が大きく収縮し分解していきます。

もしプロテインが不足していると、逆に筋肉が減ってしまうこともあるので注意が必要です。

また、睡眠前に摂取するのもおすすめです。

jp1

プロテインの効果が期待できるまでの期間は?

プロテインの効果は、短期間に目に見えてでるものではありません。もちろん、筋力トレーニングとともにプロテインを飲み続ければ、徐々に筋力はアップしていきます。

ただそれを実感できるまでには、3ヶ月から4ヶ月の期間を考えていたほうが良いでしょう。筋力トレーニングをすると筋肉はダメージを受け、その後徐々に回復していきます。

回復した筋肉は、以前よりも強い負荷に耐えようとします。この筋肉のダメージと回復を繰り返すことによって、筋肉が成長していくのが筋力アップの仕組みです。

ところが、ダメージを受けた筋肉を修復しないまま次のトレーニングをしても、効果的に筋力アップはできません。

筋肉のダメージを回復するにはタンパク質が必要ですが、食事だけでは効率が良くないので、プロテインを摂取して筋肉のダメージの回復を早めるというわけです。

ですから、たとえ1回のプロテイン摂取でも効果がないわけではありません。しかし、効果を実感できるまでには数カ月の期間が必要になります。

また、体型的な変化を実感するまでには半年から1年の期間が必要です。大切なのは、継続して筋力トレーニングとプロテイン摂取を繰り返すことです。

1ヶ月や2ヶ月実践しただけで効果が出ないと諦めないようにしましょう。

jp2

プロテインを効果的に摂取する飲み方とは?

同じプロテインを飲むなら効果的に摂取する飲み方をしたいものです。

まずはトレーニングをする1~2時間前。

このタイミングでプロテインを摂取すると、トレーニング時のエネルギーを蓄える事ができ、どんなトレーニングにも疲れにくい体にしてくれます。

次にトレーニング直後。

特に30分以内は成長ホルモンが活発に分泌される「ゴールデンタイム」です。このときにプロテインを摂取すると、トレーニングでダメージを受けた筋肉を修復するのに効果的なんです。

また、そこに即効性のエネルギーである「炭水化物」を一緒に摂取するのが、プロテインの働きをもっと効果的にする飲み方です。

そして就寝前。

寝ている間も成長ホルモンの分泌により筋肉修復は行われていますので、この働きを助ける効果があります。

最後は起床直後、もしくは朝食時。

寝ている間に消費されてしまうので新たに補給してやります。トレーニングを行っている間は途切れないようにすることが大切なんですね。

また、柑橘系の果汁にはクエン酸が含まれていますので、疲労回復効果もかねて100%のオレンジジュースなどを混ぜて飲むのもおすすめの飲み方です。

ただ、たくさん摂り過ぎると「脂肪」に変わってしまいますので、過剰摂取には注意が必要です。

適量を適切に摂り、健康的に体を鍛えてくださいね。

jp3

筋肉への作用とは?

プロテイン成分の中心はタンパク質です。なので、筋肉への効果というのは肉と同じことです。

しかし肉には脂質なども多く含まれるので、より効果的にタンパク質のみを摂取するのであれば、プロテインが良いということになります。

筋肉が成長する仕組みというのは、傷ついた筋繊維をより強く回復させることです。その回復には当然栄養が不可欠で、それをプロテインで補っています。

なので、もちろんプロテインを飲んでも筋トレを行わなければ筋肉には効果がないです。筋肥大をするためには食事量が必須です。

タンパク質だけでなく、炭水化物も摂取することで体を大きくすることができるのです。食事制限も体を絞る場合はある程度必要なのですが、有酸素運動で絞っていった方がメリットがあります。

運動は体の機能を向上させますが、それは肌や内臓や脳に関しても言えることです。

筋肉を鍛えるというのは、単に筋肥大するというだけではなく、全身の機能を高めて健康的になる効果があるということです。

よく現代には筋肉はあまりいらないと言われますが、単に筋力が強くなるというだけでなく、全身の機能向上に役立つということになるのです。

なので、有酸素運動も無酸素運動も行った方が良いです。

jp4

その他ウェブサイトの掲載

プロテインの効果についての情報を紹介しました。

この記事ではプロテインを軸に色々と書いていますが、筋肉をつけたりすることを効果的にしたいといったことに関しては、筋肉サプリの利用を検討してみても良いかもしれません。